信頼性の高い応力値のスピーディな検出

航空機エンジンの最小のコンポーネントであるタービンブレードの耐久試験は、低燃費で安全性の高いエンジンの開発に不可欠です。ポリテックの3Dスキャニング振動計は、応力とひずみを振動計測結果から計算して算出することができます。 また、FEモデルのジオメトリデータから測定ポイントを定義できるため、正確な測定位置と応力値を特定、検出することができます。この方法は、すべての主要なコンポーネントおよびエンジンメーカーによって世界中で使用されています。

エンジンの軽量化に伴い、ブリスク(ブレード一体型ディスク)が高圧コンプレッサに使用されています。 ブレードの固有周波数の調整は、ブリスクの安全な動作のために絶対に不可欠です。 ポリテックのスキャニング振動計は、ブリスクのブレードのような複雑な構造物の振動も、高い空間分解能で正確に計測し、可視化できます。

Polytec 技術誌

FE model correlation of a blisk
3D scanning laser Doppler vibrometry for fuel-efficient turbines

Read the article

Optical stress and strain measurement for blisks and turbine blades

羽根付きロータは、回転速度に応じてその特性が変化します。有効なテストデータを使用して、特性値を調整する場合、光ディロテータが最適です。測定レーザはタービンと同期して回転しているので、実稼動振動形状を簡単に測定できます。今日においても、光学計測技術は、世界的に安全なツールであり、開発、テスト、部品の修復を経て、製品化されるまでの時間を短縮できます。

Validating complex models accurately and without contact

The need to validate simulation models of complex mechanical structures has grown in importance for efficiency in the design process. This is especially true for non-linear structures (such as composite panels and jointed components) where it is critical to use an accurate full-field measurement method. This tutorial covers a how-to-guide and use-cases of Scanning Laser Doppler Vibrometry (SLDV) as a non-invasive technology to efficiently characterize critical mechanical structures. Read the full paper from the IMAC International Modal Analysis Conference.

Eichenberger J., Sauer J. (2022) Validating Complex Models Accurately and Without Contact Using Scanning Laser Doppler Vibrometry (SLDV). In: Di Maio D., Baqersad J. (eds) Rotating Machinery, Optical Methods & Scanning LDV Methods, Volume 6. Conference Proceedings of the Society for Experimental Mechanics Series. Springer, Cham. https://doi.org/10.1007/978-3-030-76335-0_11

振動に関するお問い合わせ