生産工程での長さと速度の非接触測定

無限材料(鉄道設備等)や単品(鉄鋼所や製紙工場等で)の生産時には軌道の長さや現速度の正確な把握はコスト及びプロセスの最適化に欠かせない要因です。レーザ表面速度計を使うとレーザーで精確な長さや速度の測定を行い信頼できるプロセス制御が可能になります。非接触式原理で設備内のセンサーがヒベーデューティーな周囲環境から影響を受けずに測定します。LSVは堅固でフェールセースなうえほぼメンテフリーなのできっとご満足いただけます。

チューブ&パイプ製造用のセンサソリューション

LSV レーザ表面速度計は、精度、汎用性、信頼性に優れており、正確な速度と長さのリアルタイムデータが不可欠なチューブやパイプ業界において、完璧なセンサソリューションとなっています。さらに、光学センサは、材料の廃棄を最小限に抑え、製品やプロセスの品質を最適化することで、生産コストを削減します。チューブやパイプの製造工程でレーザーセンサーを導入する場所は?

詳細はこちら

レーザドップラ速度計

速度に関するお問い合わせ