信頼性の高い疲労挙動テスト

安全性をシミュレーションするとき、耐久性を計算するために、信頼性の高い材料パラメータが不可欠です。自動車、医学、ソーラー関連の構造物は、高周波のストレスや30年以上の連続使用などに起因する107回以上の負荷変動にさらされています。従来のS-N曲線の範囲をはるかに超えるようなこのような連続負荷は特に、超高サイクル疲労(VHCF)と呼ばれています。部品がVHCF域においても確実に動作するためには、VHCF域における疲労特性を知ることが非常に重要です。実際には、たとえば1010サイクルの繰り返し疲労を部品に与え、時にkHz帯域に及ぶ共振点を探し当て、振動を相殺するように再設計し、耐久性を上げます。

応力・歪みの測定と固有振動数

このような設計の検証工程において、ポリテックの3Dスキャニング型レーザドップラ振動計は、実際の疲労サンプルの固有モードと固有振動数を直接測定できます。さらに、ひずみゲージなどの接触式測定方法では測定が難しい高周波数帯域の応力を測定できるため非常に有用です。この方法は、高ストレスの列車部品(ホイールリム)、風力タービン、超音波メス(医療技術)の動作信頼性試験にも利用されています。

振動に関するお問い合わせ