高精度な超音波デバイスの開発

医療機器にとって安全は最優先事項です。したがって、良質で安全な医療機器デバイスを生産するためには、開発段階での技術の確立が不可欠です。レーザドップラ振動計は、歯科または外科用の超音波機器やイメージング用装置などの医療器具の開発および品質評価において多く使用されています。また、吸入器、呼吸器、電動歯ブラシなどのヘルスケア製品の高効率化と安全性の確保も、ポリテックのレーザドップラ振動計による測定によって実現できます。さらに、中耳インプラントおよび埋込型補聴器の開発、検査、校正および品質保証においても、非接触レーザドップラ振動計は不可欠となっています。

超音波医療機器デバイスにとって、精度に直結するのは、超音波のエネルギー伝達効率です。ポリテックのスキャニング振動計は、ピコメータレンジでの高い空間分解能と測定精度により、超音波アクチュエータの高周波数帯域の動作周波数における振動モードを迅速かつ明確に測定し、可視化することができます。これにより、超音波アクチュエータのエネルギー効率を最適化することができます。

レーザドップラ振動計は超音波医療機器デバイスの設計と開発の決定的な鍵となります。歯科や外科用の医療器具においても、診断用医療機器においても、FEシミュレーションを検証するための理想的なツールです。MHz帯域の高い周波数帯域における優れた線形性と、高い空間分解能を有するため、レーザドップラ振動計はさまざまな超音波デバイスの構造ダイナミクスの測定に最適です。さらに音場の可視化と耐久試験(歪み/応力計測)への応用もできます。

Polytec 技術誌

Diagnosis in a breath
Non-destructive measurements for determining the performance of a CMUT ultrasound transducer

Read the article

Improving dental healthcare
Keep healthy teeth with ultrasonic scaler using EMS Piezon NO-PAIN technology

Read the article

振動に関するお問い合わせ