自動車の振動騒音対策と非接触振動計

うなり音やきしみ音、ガタ音は、車両、特に軽量構造で見られる典型的な音響問題です。 それらは不快の源であり、結果的に排除する必要があります。NVH(騒音、振動、ハーシュネス)は、自動車の快適性を推し量る上での一つの基準です。

静かで低振動の製品を開発するためには、シミュレーションとテストの両方をおこうなう必要があります。 ポリテックのスキャニング振動計は、音響発生源を定量的かつ高空間分解能で計測することができます。さらに、制振材、防振材の精度の検証にも使用されています。

スキャニング振動計は、音源を詳細に調べることができ、構造に起因する音の伝達経路と原因となる振動モードを特定できます。実稼動振動モードの3D可視化技術は、NVHにおける問題解決のための一助になります。

振動に関するお問い合わせ