振動 レーザによる非接触 音・振動計測

開発・生産現場における測定を迅速かつ正確に

詳細はこちら >
速度測定 光学的長さと速度測定

鉄道製品の製品を信頼がおける上経済的に管理できます

詳細はこちら >
3次元表面形状 光学形状測定

生産リズムに合わせて表面品質を測定できます: 非接触式、迅速、正確に

詳細はこちら >
音・振動
速度測定
3次元表面形状

非接触振動計測

ポリテックは、高精度な非接触振動測定ツールとして広く認知されているレーザドップラ振動計のメーカであり、研究、開発、生産、または連続的なモニタリングなど、お客様の用途に応じたさまざまな種類のレーザドップラ振動計を製造・販売しています。レーザドップラ振動計の測定対象は、たとえば自動車・航空宇宙分野においては車体全体やエンジン、大型部品があり、機械工学分野ではアクチュエータや、ミクロンサイズのMEMS、繊細なHDD部品、その他土木工学、生物学、医学の分野においても多くのアプリケーションがあります。

レーザドップラ振動計は、高温表面、回転体、複雑形状、薄肉軽量で繊細な構造物など、接触式ツールでは難しい条件下の測定も容易に非接触で測定します。さらにその測定周波数帯域は超音波領域まで達します。ポリテックのレーザドップラ振動計は、お客様のさまざまな測定要件を満たし、スピーディかつ正確な非接触測定を実現します。

長さと速度の非接触計測

無限材料(鉄道設備等)や単品(鉄鋼所や製紙工場等で)の生産時には軌道の長さや現速度の正確な把握はコスト及びプロセスの最適化に欠かせない要因です。レーザ表面速度計を使うとレーザーで精確な長さや速度の測定を行い信頼できるプロセス制御が可能になります。

非接触式原理で設備内のセンサーがヒベーデューティーな周囲環境から影響を受けずに測定します。LSVは堅固でフェールセースなうえほぼメンテフリーなのできっとご満足いただけます。

非接触表面形状計測

精密に製造または加工された構造物の品質検査には、アプリケーションに適した、はやくて信頼性のある測定技術が求められます。製造または加工工程の早い段階で欠陥品を検出/除去できれば、歩留まりが向上し、低コストで高品質な製品を生産することができます。

ポリテックの白色光干渉計を用いた表面形状測定システムTopMapシリーズは、革新的な非接触光学技術によって、表面の粗さや、滑らかさ、段差などを高精度に検出します。品質管理の現場またはインラインで、品質検査ツールとして使用できます。

非接触レーザ計測機器のポリテック

ニュース

製品、技術、ソリューションに関するニュースはこちらからご覧いただけます

レーザによる高精度な振動音響品質管理

コスト削減と品質保証力の向上に貢献するIVS-500産業用振動センサ

イベント

ポリテックは世界中の展示会や学会に参加しています