NVHと静かなクルマの設計方法

NVH(ノイズ、振動、ハーシュネス)とは、自動車の設計やエンジニアリングにおける騒音や振動挙動の影響や発生源の分析について述べたものです。NVH解析やNVH試験法の目的は、車両や車両部品の振動挙動の低減と連動して騒音や音響を最適化することです。NVHは車両設計、車体設計、内装設計などに利用されています。NVH試験は、不要なキーキー音やガタガタ音を低減するための重要な基礎であり、その結果、あらゆるコンポーネントや完成車の品質の特徴や音響的な特徴になります。

自動車の振動騒音対策と非接触レーザドップラ振動計

うなり音やきしみ音、ガタ音は、車両、特に軽量構造で見られる典型的な音響問題です。 それらは不快の源であり、結果的に排除する必要があります。NVH(騒音、振動、ハーシュネス)は、自動車の快適性を推し量る上での一つの基準です。

静かで低振動の製品を開発するためには、シミュレーションとテストの両方をおこうなう必要があります。 ポリテックのスキャニング振動計は、音響発生源を定量的かつ高空間分解能で計測することができます。さらに、制振材、防振材の精度の検証にも使用されています。

スキャニング振動計は、音源を詳細に調べることができ、構造に起因する音の伝達経路と原因となる振動モードを特定できます。実稼動振動モードの3D可視化技術は、NVHにおける問題解決のための一助になります。

接触や質量負荷のないNVH試験

ブーンやブンブン、キーキー、ガラガラという音は、自動車、特に軽量構造物に見られる典型的な音響問題です。これらは最終消費者をイライラさせる原因であり、その結果、排除する必要があります。NVH(ノイズ、振動、ハーシュネス)とは、ドライバや乗客の快適性を向上させるためのあらゆる対策を総称した言葉です。 静かで振動の少ない製品の開発には、シミュレーションと試験の共同作業が必要です。ポリテックのスキャニングレーザドップラ振動計は、音の放射源を定量的かつ高空間分解能で明らかにすることができます。逆パネル寄与測定や制振材 (サウンドパッケージ) の認定も、自動スキャン機能により非常に簡単に行えます。

ポリテックの PSV スキャニングレーザドップラ振動計では、音や振動の発生源を正確かつ確実に調査し、構造体に伝わる音の伝搬経路や原因となる振動モードを特定します。NVH エンジニアは、動作中のたわみ形状を 3D で視覚化することにより、生産開始直前でも問題解決のためのアイデアを素早く思いつくことができます。

Dear visitor, in order to be able to watch our videos please accept the cookies. All information about the usage of cookies can be found in our privacy policy

Change cookie settings

車のドアの開閉音の最適化を目指したNVH

新車の第一印象は、車内に入ったときの匂いか、ドアを閉めたときの音だと思います。このように、ドアスラムテストは、快適性と品質感を最適化するためのNHV解析に不可欠な要素になっています。構造伝播音の測定には、振動速度を時間領域で測定するスキャニングレーザドップラ振動計が重要な役割を果たします。マルチポイント振動計は、最大 48 箇所の振動を同期して測定できるため、特に薄いシートメタルパネルの場合、接触や質量負荷の影響を受けずに振動測定データを取得することができます。

電気自動車(EV)のNVH - 振動計測・解析

ホイールハブモータは、パッケージング上のメリットがある一方で、その設置位置によるNVHの面で新たな課題も生じます。Magdeburg の Otto von Guericke大学の専門グループは、ホイールハブモータの音響特性を最適化するために、光学振動計測技術を使って外部ロータ型電気モータの振動挙動を解析しました。close-to-qheel electric drives の研究については、論文で詳しくご紹介しています。論文全文をダウンロードするには、左のダウンロードアイコンをクリックしてください。(ポリテック ユーザ 登録 / ログインが必要です)

振動に関するお問い合わせ