信頼性の高い応力値のスピーディな検出

航空機エンジンの最小のコンポーネントであるタービンブレードの耐久試験は、低燃費で安全性の高いエンジンの開発に不可欠です。ポリテックの3Dスキャニング振動計は、応力とひずみを振動計測結果から計算して算出することができます。 また、FEモデルのジオメトリデータから測定ポイントを定義できるため、正確な測定位置と応力値を特定、検出することができます。この方法は、すべての主要なコンポーネントおよびエンジンメーカーによって世界中で使用されています。

エンジンの軽量化に伴い、ブリスク(ブレード一体型ディスク)が高圧コンプレッサに使用されています。 ブレードの固有周波数の調整は、ブリスクの安全な動作のために絶対に不可欠です。 ポリテックのスキャニング振動計は、ブリスクのブレードのような複雑な構造物の振動も、高い空間分解能で正確に計測し、可視化できます。

Optical stress and strain measurement for blisks and turbine blades

羽根付きロータは、回転速度に応じてその特性が変化します。有効なテストデータを使用して、特性値を調整する場合、光ディロテータが最適です。測定レーザはタービンと同期して回転しているので、実稼動振動形状を簡単に測定できます。今日においても、光学計測技術は、世界的に安全なツールであり、開発、テスト、部品の修復を経て、製品化されるまでの時間を短縮できます。

振動に関するお問い合わせ