離陸に備えた実験

光は真空中を透過できるため、航空宇宙用の材料試験において、光は最適なツールです。人工衛星および探査機、衛星・探査機に搭載された機器類には離陸時に非常に大きな圧力がかかります。非常に静かな設計を実現したり、ソーラーセイルやアンテナなど独立した宇宙展開構造物を作成したり、外部減衰の不足を克服する必要がある場合などには、すべてのコンポーネントの固有振動数を調整する必要があります。

クリーンルーム条件下や超高温/極低温条件下における真空チャンバ内および非常に繊細な面を測定対象にした実験モーダル試験に対しても、レーザ振動計を使用すれば、正確に固有振動数を特定する特定することができます。ダイナミックレンジが広いため、離陸時やマイクロレベルの微振動をシミュレートする場合も、役立ちます。

Polytec 技術誌

Above the clouds
Determining the dynamic characteristics of an aircraft’s large-scale, adaptive compliant wing ...

Read the article

Need for vibration testing in aerospace

ソーラーセイルは宇宙空間内で太陽光を宇宙船の推進力に変えることができるため、宇宙船の燃料を節約できるばかりか、宇宙空間における滞在時間を延長することができます。NASAは圧力下の宇宙船の1対1モデル解析において、ポリテックのスキャニング振動計を使用してソーラーセイルの共振点を効率的に測定しています。

振動に関するお問い合わせ