ブレーキの鳴きの可視化

ポリテックの 3Dスキャニング振動計は、ブレーキ鳴きを効率的に分析、測定、および視覚化するのに役立ちます。 ブレーキディスクやブレーキパッドなどの小さな部品のアニメーション化された3D振動モードは、質量負荷のない実際の真の測定結果(追加の質量を適用することなく)であり、実験モーダル解析に大きく貢献します。エアコンのNVH試験でも同様に、ポリテックの3Dスキャニング振動計が使用されています。

ブレーキの鳴き現象をはじめとする高周波モードも高空間分解能で計測でき、非接触なので、たとえば高温になったブレーキでさえも、温度の影響を受けずに計測できる、ポリテックの非接触レーザドップラ振動計は、トラブルシューティングやFEモデル検証のためのテストツールとして最適です。

Brake acoustics on the test bench

Here, Polytec 3D Scanning Vibrometers help to efficiently analyze, measure and visualize brake squeal. The resulting, animated 3D deflection shapes allow profound analysis based on real and true measurement results (without applying additional masses) and a correspondingly solid data interpretation of the vibrating brake disc. Polytec’s 3D Scanning Vibrometers enable you to validate even small components such as brake pads for a bottom-up approach. The measurement technique remains the same, even during the final test on the air-conditioned NVH test bench (noise, vibration, harshness). The high spatial resolution records all the high-frequency modes that are characteristic of squealing. Non-contact measuring technology also provides you with reliable data for troubleshooting and model validation even on hot brakes.

振動に関するお問い合わせ