FEモデル検証によるタイヤ音響の最適化

最適なタイヤの設計には、走行距離、縦方向および横方向のダイナミクス、摩耗および音響等の検証が必要です。レーザドップラ振動計は、FEシミュレーションと実際のテストの間の橋渡しをするのに役立ちます。なぜなら、転動タイヤのFEモデル検証は、タイヤを最適化するための基礎となるからです。

タイヤの音響に関する最も重要な問題は、世界中で増加している騒音に関する規制に準拠するための、自動車の室内音響に対する転動タイヤの影響です。レーザドップラ振動計は、シャシーパーツを含むタイヤのサイドウォールの操作上のたわみ形状を明らかにするだけでなく、伝達経路の決定にも役立ちます。また、音響テストベンチで回転するタイヤを直接測定することができます。さらに、レーザ光源がヘリウムネオンではなく赤外線タイプのポリテック光学振動センサヘッドXtraセンサヘッドは、タイヤの測定に有効です。黒色のゴムからの散乱光を十分に収集して、側壁全体と元のノイズ源であるタイヤのトレッドを測定できます。フルフィールド振動計PSV-3D Xtraを使えば、タイヤトレッド面の表面振動を非接触で3Dで計測します。これにより、振動ダイナミクスを定量的および定性的に視覚化および説明できます。なぜタイヤ音響のアプリケーションにXtraセンサヘッドが有効なのか?それは、ラインナップ中最高受光感度を誇る赤外線レーザタイプのセンサヘッドとスキャニング振動計PSVのスキャン技術、そしてFEシミュレーションに対し有用な機能を備えたPSVソフトウェアにより、タイヤトレッド上の高い振動速度を角度がついても測定することができるからです。ヘリウムネオンレーザタイプのセンサヘッドは、レーザビームの入射角が大きいものや、受光が十分に得られないタイヤのような黒色表面のものの測定は困難なでした。 つまり、Xtraセンサヘッドを備えたポリテックレーザドップラ振動計は、この困難を首尾よく克服し、タイヤの音響を分析し、最適化するためにも役立てることができる理想的なツールなのです。

Why measure tire acoustics with Xtra laser technology?

This advanced method of laser vibration measurement together with a powerful evaluation electronics enables capturing also high vibration velocities which even works at an angle on the tire tread. Before, the angle of incidence of the laser beam has been a challenging condition for such measurements. The Xtra laser technology successfully overcomes this limitation making the Polytec Laser-Doppler vibrometry the ideal tool for analyzing and optimizing tire acoustics.

振動に関するお問い合わせ