時間をかけない実験データ取得方法

軽量構造は航空宇宙開発の指針のひとつです。その指針を達成するためにCFRPのような複合材料が新素材として採用されています。新素材を使ったものづくりでは、有限要素法(FEM)による構造解析(CAE)データを新たに取得/蓄積する必要があり、実験モーダル解析はFEモデルを確実に検証する上で必要不可欠です。しかし実験モーダル解析では実験に多くの時間を要します。そこで、ポリテックのレーザドップラ振動計を使用すれば、計測時間を大幅に短縮でき、かつ高精度な実験データを得ることができます。実験工程がスピーディになれば、早く解析を開始することができるので、ひいては開発全体にかかる時間を短縮することができます。

計測事例

風洞試験において、ポリテックのレーザドップラ振動計を使用すれば、遠隔からレーザを照射することにより計測ができるので、計測器自身が風による影響を受けることなく、実験を行うことができます。 さらにFEモデルのジオメトリを測定ポイントとして定義することができるため、実験データをスムーズに解析に使用することができます。さらに、ポリテックの RoboVib®は、スキャニング振動計と産業用ロボットを統合した自動振動計測ステーションであり、たとえば夜間の自動計測も実行でき、実験工程の大幅短縮に貢献します。

振動に関するお問い合わせ