ドライブトレインにおける振動騒音対策

ドライブとレインは、自動車の騒音、磨耗、さらには乗り心地に関連する機構であり、そのダイナミクスを理解することは不可欠です。ポリテックの非接触レーザドップラ振動計は、エンジンバルブのストローク検査、エンジンの回転次数解析、ドライブシャフトのねじり振動の測定など、さまざまな用途で使用できます。

ポリテックの非接触レーザドップラ振動計は測定周波数帯域が広いため、音響から構造の動的現象の測定まで幅広くカバーできます。よってギアボックスのガタ音や鳴動音などの高周波現象を解析するのに適しています。一方、スキャニング振動計は、エンクロージャを介した放射音解析のために必要な詳細な実稼動振動モードを測定できます。

振動に関するお問い合わせ