レーザドップラ振動計による高周波デバイスの動作テスト

今日、マイクロサイズのセンサ、アクチュエータ、コンポーネントの多くが、MHzやGHzという高い周波数領域で振動しています。これらはたとえば、車載デバイスの位置センサや情報発信機器、医療用イメージングに使用されている超音波センサやトランスデューサにおいて使用されています。これらのコンポーネントの機能をテストするには、既存のシミュレーションモデルをチェックし、デバイスの設計を最適化するために、動的挙動を測定する必要があります。

レーザドップラ振動計はこれらに対する一つのソリューションとなりえます。MHz、GHzの高周波数帯域の振動モードを可視化することができ、振動特性を非接触で測定することができます。また、デバイス単体だけではなく、アレイ内のクロストークを測定し、グラフ化することもできます。過渡現象や減衰についても簡単に可視化することができます。また、測定時間が非常にスピーディなため、開発プロセスにおける計測工程の時間短縮につながり、大きな利点となります。

さらに、レーザドップラ振動計は光学計測機器なので、ガラスや透明なケースなど、光を透過する物質越しの測定も可能です。よって水中や、真空中の測定物も計測できます。ポリテックのレーザドップラ振動計ラインナップでは、最大2.5 GHzの高周波数帯域の振動を簡単かつ高精度に測定できます。超音波を使って3次元音場を解析するアプリケーションでは、ポリテックのスキャニング振動計の測定結果とシミュレーション結果によって、従来よりも、簡単かつスピーディに音場を解析することができます。

Areal examination up to the Gigahertz regime

Determine the behavior of samples vibrating at high frequencies of up to 2.4 GHz with relative ease and great precision. Short measurement time and scanning entire areas at once is a significant advantage of the measuring method and finally improves the development process in particular. As an alternative to measuring the 3D sound field using a noise sensor installed in the room, you can now determine the resulting sound field simply with one or more scanned measurements and the subsequent simulation.

振動に関するお問い合わせ