電子システムとメカトロシステムの信頼性の確認

自動車業界や航空宇宙業界において、高い安全性と技術力の点から、電子部品の信頼性は重要な問題です。スキャニング振動計は、プリント基板やメカトロニクスシステムの動的挙動の解析に役立ちます。加速度ピックアップでは取り付けられないような小さい構造物であっても、レーザを使えば、わずか数Hzから50 kHzの広い周波数範囲で精密なモード解析を行うことができます。FEMや連続テストと組み合わせて使用すると、寿命を短くする可能性のある望ましくない振動ストレスを明確化し、プリント基板の設計とレイアウトを効率的に最適化できます。

しかしそれだけではありません。レーザ振動計による非接触振動測定は、例えば、オフショア風力発電所で使用される高電圧直流送電用のコンバータモジュールなど、より大きな電力電子システムにおいても役立ちます。望ましくない機械的振動や潜在的な過大な衝撃を測定することができます。また3Dスキャニング振動計を使用して固有振動数とたわみ形状を特定することにより、設計を改善することができ、さらに振動テストを繰り返すことによって、その改善が成功したかどうかを実際に確認できます。

振動に関するお問い合わせ