ソーラーモジュールの非接触測定

太陽電池は、熱応力や可変的な動的応力を引き起こすさまざまな気象条件に長期的にさらされています。そこで設計を最適化することによって最大限の安定性と最長の稼動時間を実現することが研究されています。

モデリングとシミュレーションによって、太陽光発電モジュールの材料とコンポーネントの応力とひずみのプロセスを解明され、それに基づいて適切な方法で開発、改善が行われています。さまざまなシミュレーション方法と実験的な検査を組み合わせることで、非常に高い精度で新しく開発された材料の寿命と機械的特性の両方を予測できます。

Measuring dynamic properties of solar modules

剛性やダンピングを正確に測定するために必要な材料と構造パラメータを取得するには、ソーラーモジュールの動的特性を測定しなければなりません。共振周波数と振動変位形状を簡単に測定できるスキャニング振動計は、これらの測定に対する理想的なツールです。

振動に関するお問い合わせ