実験モード解析のための精密励起

実験モード試験で一貫した伝達関数を達成するためには、再現可能な力レベルを持つ励起源が重要です。 SAMスケーラブル自動モーダルハンマーの卓越した再現性は、PSVスキャニング振動計に完全にマッチします。 2つのモデルで、最大200 Nおよび2.200 Nまでの力の範囲で小型および大型の構造物の励振が可能です。モーダル試験およびモーダル解析で質量負荷なしの精密励振には、SAMスケーラブル自動モーダルハンマーを使用します。

概要

  • 手動モーダルハンマーによる加振時に起こり得る二度打ちを回避
  • 正確な加振力制御により、構造の直線性チェックが可能
  • 加振点の位置と確度が不変であるため、一貫した伝達関数を取得可能
  • 加振周期
  • 最大加振力
  • ハンマリング角度は自由に調整可能

モード試験のための自動励起

スケーラブル自動モーダルハンマータイプSAM1は、実験モード解析におけるサンプル励起および最大200 Nの力レベルでの音響品質保証のための三脚取り付け可能なアクチュエータです。 統合された力のトランスデューサーを特色にするハンマーアーム。

スケーラブル自動モーダルハンマータイプSAM3は、最大2200 Nまでの力のレベルでの実験モード解析および音響品質保証におけるより大きなサンプルの励起のための三脚取り付け可能なアクチュエータです。 

SAM GUIは、自動モーダルハンマーの便利なパラメータ化をサポートしています。 バージョンPROFESSIONALには追加の機能とさらに迅速なセットアップと正確な励起をサポートするリモコンが付属しています。

同様のアプリケーション