振動計用データ収集システム

ViVibSoftは、レーザドップラ振動計による測定において、データの取得および分析だけでなく、インタフェースを使用したリモートコントロールによる振動計の設定も可能です。オプションの信号発生器の設定も行えるほか、センサに内蔵されたカメラの画像を表示/保存することができ、セットアップ、測定、およびドキュメント操作が大幅に簡単になります。

アナログデータ転送とデジタルデータ転送にはVibSoftを使用します。 デジタル接続の場合は、VibSoft-VLを選択します。

概要

  • すべての振動計の設定は、インタフェースを介してリモートで制御可能
  • シグナルエンハンスメント機能
  • 内蔵の信号発生器
  • 測定対象物の画像表示
  • 時間軸データとFFTデータおよび伝達関数の記録
  • サードパーティのサプライヤからのセンサのIEPE(ICP®)サポート(モデルによって異なる)
  • デジタルフィルタ(ハイ、ロー、バンドパス)を使用可能
  • Visual Basic Scripting(VBS)により、自動テストルーチンと外部ソフトウェアへのインタフェースが可能
  • ASCIIおよびUFF形式の測定データをエクスポート(オプション)
  • PolyFileAccessインターフェイス(たとえば、MatlabまたはLabViewでさらに処理するため)を介してデータに直接アクセス可能

シングルポイント振動計のための信頼できるデータ収集

VibSoftは、デジタルハイパスフィルタ、ローパスフィルタ、バンドパスフィルタを備えています。標準的な規格に対応しており、たとえば、任意の電圧信号の、時間軸とFFTデータの記録、サードパーティのサプライヤからのセンサ用のIEPE(ICP®)のサポート、Visual Basicによる自動テストルーチンの提供、ASCIIやユニバーサルファイル形式のエクスポートが可能です。

VibSoftシリーズは、20 kHz〜40 MHzの帯域幅をサポートしており、高性能PC(オプション)モデルまたはモバイル用途に対応したノートPCモデルがあります。

振動に関するお問い合わせ