NEW

PSV QTec - 生まれ変わった新しいスキャニング振動計

新しいPSV QTecスキャニング振動計は、フルフィールド振動測定を最大10倍高速化します。 特許取得済みのQTecマルチパス干渉法によってノイズの根本原因を排除することにより、測定物の素材や表面状態に関係なく、最高の光学感度と最高のSNRを実現し、測定表面をスキャンし、振動を可視化します。

詳細はこちら 

ホームページリニューアルのお知らせ

平素よりポリテックジャパンのホームぺージをご利用いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームぺージをリニューアルしましたので、お知らせいたします。
今回のリニューアルでは、ご利用のみなさまにとって、より見やすく、情報が探しやすい構成やデザインに改善いたしました。
引き続きみなさまのお役に立つ情報のご提供や、内容の充実に努めてまいります。
今後ともご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

Solutions

振動

ポリテックは、非接触振動測定のゴールドスタンダードであるレーザドップラ振動計を製造しています。 研究、開発、生産管理、長期モニタリングなど、レーザドップラ振動計の用途は実に様々です。ポリテックのレーザドップラ振動計は、自動車の車体やエンジン、アクチュエータなどの部品、さらにマイクロサイズのMEMSや繊細なHDDコンポーネントまで、さまざまなサイズの測定物を、その用途に合わせて非接触で測定するための豊富なラインナップを備えています。

速度

例えば製鉄所や製紙工場では、生産/加工ラインの速度を正確に知ることは、正しい製品長さの製品を製造することにつながるため、歩留まりを向上し、生産/加工コストを削減、さらに製品品質を最適化するために不可欠です。 ポリテックのLSVレーザ表面速度計は、長さと速度を正確に測定するための高性能な非接触センサです。

非接触なので、高温などの厳しい環境下での測定も可能です。LSVは高い堅牢性をもつ優れたセンサであると言えます。

3次元表面形状

精密に製造された表面形状を評価するためには、信頼性が高く、迅速な測定技術が必要です。 欠陥を早期に検出することで、不要なコストを回避し、製品全体の品質と寿命を延ばします。

ポリテックの非接触光学式表面形状測定器TopMap白色光干渉計シリーズは、表面粗さ、平滑度、段差などの表面性状を高精度に測定できます。 TopMap白色光干渉計シリーズは、生産加工現場や開発現場において品質検査ツールとして使用されています。

NEW

QTec® レーザ計測精度を向上する新特許技術

QTec®は、特許取得済みのまったく新しい高度で革新的な技術です。ノイズの根本原因を排除することにより、測定物の素材や表面状態に関係なく、最高の光学感度と最高のSNRを実現し、最も信頼性の高い測定結果を得ることができます。

詳細はこちら

表面品質を見極める表面計測の重要性

表面の細部を測定するには、ポリテックの非接触光学式表面形状測定器TopMap白色光干渉計シリーズが最適です。 顕微鏡サイズの微細構造から数十ミリ角の広範なエリアまで、ポリテックはアプリケーションに最適なラインナップを備えています。

詳細はこちら

イベント

ポリテックは展示会や学会に参加、出展しています。また、オンラインセミナーやユーザミーティングも開催しています。光学測定技術の原理、利点、さまざまな測定事例などについて詳しくご紹介しておりますので、ぜひこれらの機会をご利用ください。

詳細はこちら