聴覚メカニズムと音伝導の理解

人間の耳は、最も洗練された音と振動の増幅システムの一つです。操作が容易で卓越した精度を持つ最先端のレーザ振動計は、振動特性と動的特性を決定するのに役立ちます。聴覚の仕組みを正確に理解するための全く新しい手法としても役立ちます。中耳の鼓膜からアブミ骨底板への音伝導だけでなく、内耳の蝸牛で起きる電気機械的信号変換の詳細も検査するためにも、高感度な非接触レーザ振動計が使用されています。

鼓膜の振動挙動を測定することによって、耳小骨連鎖内のあぶみ骨固着または強直が引き起こす難聴を発見することができます。 医学研究では、レーザ振動計を用いた鼓膜聴力検査により、鼓膜の周波数応答を迅速に測定することができます。

HLV Hearing Laser Vibrometer for optical measurement in otology

The human ear is one of the most sophisticated sound and vibration amplification systems. And special measuerement tasks require application-specific instrumentation. For use in ear mechanics and otological research, use the HLV Hearing Laser Vibrometer. See the HLV datasheet for further specification.

レーザ振動計は中耳インプラントの開発、検査、校正、保証にも欠かせないものです。 研究では、中耳インプラントと人工器官(TORP、PORP)がしっかりと接続されていることを確認するために、レーザ振動計を手術中に使用します。オペレーションが正常に行われていることを確実に保証するためにレーザ振動計が役立っています。

振動に関するお問い合わせ