生理的データの非接触測定

レーザドップラ振動計は、産業および機械工学において既に広く使用されているが、生理学に使用されるようになったのは、比較的最近のことです。生理学における非接触測定は患者に快適さだけでなく、衛生的利点を与えます。 このアプリケーションは、身体の生理活動の多くに機械的な要素があるという認識に基づいています。エネルギーの一部はとても小さいがしかし、皮膚に伝播し、皮膚に振動を与えます。したがって、身体にレーザを照射するだけで、広範囲の体内音、脈拍および振動を測定することができます。

さまざまな心臓血管の動きをレーザドップラ振動計で測定できます。

  • 心弾動運動
  • 心臓周期の個々の位相における心臓壁の局所信号
  • 血液血管の圧力信号

振動を可視化できる非接触 レーザドップラ振動計

例えば、音声による音は、口や鼻の穴からだけでなく、頭や首の表面からも放射されます。ポリテックのスキャニング振動計は、発声時に発生する振動を測定することができます。ポリテックのスキャニング振動計は、口蓋裂や咽喉頭不全などの患者の発声を評価するのに適しています。振動パターンは、そのような患者の発声練習の際に、視覚的なフィードバックとして役立つ可能性があります。

振動に関するお問い合わせ