VibSoft

振動計用データ収集システム

振動計用データ収集システム

ViVibSoftは、レーザドップラ振動計による測定において、データの取得および分析だけでなく、インタフェースを使用したリモートコントロールによる振動計の設定も可能です。オプションの信号発生器の設定も行えるほか、センサに内蔵されたカメラの画像を表示/保存することができ、セットアップ、測定、およびドキュメント操作が大幅に簡単になります。

アナログデータ転送とデジタルデータ転送にはVibSoftを使用します。 デジタル接続の場合は、VibSoft-VLを選択します。

シングルポイント振動計のための信頼できるデータ収集

VibSoftは、デジタルハイパスフィルタ、ローパスフィルタ、バンドパスフィルタを備えています。標準的な規格に対応しており、たとえば、任意の電圧信号の、時間軸とFFTデータの記録、サードパーティのサプライヤからのセンサ用のIEPE(ICP®)のサポート、Visual Basicによる自動テストルーチンの提供、ASCIIやユニバーサルファイル形式のエクスポートが可能です。

VibSoftシリーズは、20 kHz〜40 MHzの帯域幅をサポートしており、高性能PC(オプション)モデルまたはモバイル用途に対応したノートPCモデルがあります。

関連商品

RSV-150 Remote Sensing Vibrometer

RSV-150 リモートセンシング振動計

RSV-150リモートセンシング振動計は安全な距離から高精度測定を実行します。RSV-150リモートセンシング振動計を使用すると、構造物や機械の振動や変位を素早く簡単に測定できます。数百メートルの距離からでも、マイクロメータの分解能で、狙いを定めてレーザを照射し、測定するだけです。MHz帯域で最大24m / sの振動も測定できるため、落下衝撃試験にも適しています。

柔軟な非接触振動解析のための新しいVibroFlexレーザードップラー振動計システム

VibroFlex

ポリテックのVibroFlexセンサヘッドは、対物レンズを装着できるタイプから長距離測定タイプまで、測定要件別に数種類のラインナップがあり、レーザ振動計測に柔軟性を与えます。レーザドップラ振動計は、振動/音響の研究開発スピード、あるいは製品検査の信頼性の向上に貢献するテスティングツールであり、ものづくりにおいてコスト削減と製品自体の品質向上の一手を担っています。

VibroGo

VibroGoは屋外調査や、機械・建物などの状態監視を素早く簡単に行うことができる、バッテリ駆動型ポータブルデジタル振動計です。非接触で、振動速度、変位、加速度が計測でき、周波数帯域はDCから100 kHzまでをカバーしています。安全上の理由から測定物に近づけない場合でも、最大30 m離れた場所から計測することもできます。

VibroOne compact vibration sensor solution

VibroOne

VibroOne レーザドップラ振動計は、これ一台で非接触振動計測がすぐに始められる、オールインワンモデルです。内蔵 HD カメラオプションは、MEMS や、医療機器デバイス、生物などの微細構造を有するものの振動を計測する際に、特に便利です。レーザの照射位置を正確に視認さらに画像データとして保存することができます。