非接触振動計のオールインワン コンパクトモデル

VibroOne レーザドップラ振動計は、これ一台で非接触振動計測がすぐに始められる、オールインワンモデルです。 VibroOne を使用すると、R&D および品質管理の両方で、音響、ダイナミクス、および振動の問題を高精度に検証できます。 VibroOne は、センサヘッドとフロントエンドが一体型のコンパクトでシンプルな設計です。 測定に必要な設定は、フロントエンドのタッチスクリーンで簡単に操作できますが、VibroLink デジタルインタフェースと VibSoft データ収集用ソフトウェアを使って、パソコンから設定することもできます。

概要

  • レーザによる高精度な非接触振動計測
  • 研究開発、生産現場でも簡単に使えるコンパクト設計
  • 内蔵 HD カメラオプションで計測位置決めも簡単で正確
  • DC から 24 MHz までを高分解能で計測可能
  • 変位、速度、加速度を計測可能
  • パソコンを介した設定とSN比の良いデータ収集が可能な VibroLink デジタルインタフェース

非接触振動計のオールインワン コンパクトモデル

VibroOne は、研究開発、生産現場のどちらの環境下でも使用できるコンパクトで堅牢な設計です。VibroOne の特長は、内蔵 HD カメラオプションです。これにより、MEMS や、医療機器デバイス、生物などの微細構造を有するものの振動を計測する際に、レーザの照射位置を正確に視認さらに画像データとして保存することができます。さらにセンサヘッドに顕微鏡対物レンズを装着することができ、装着時は、レーザスポット径が最小 1.5 μm となり、超微細構造の測定も実現します。非接触オールインワンレーザドップラ振動計 VibroOne を使用すると、DCから最大24 MHzまでの広い帯域幅において非常に高い時間分解能で周波数を測定できます。またVibroOne は、変位、振動速度、加速度の全振動パラメータを網羅しており、振動関連のあらゆる計測要件に対応できるスペックを持っています。データ出力については、アナログBNC信号出力により、三つのパラメータの同時出力が可能です。そして、既存の一般的なデータ収集機器を使用してデータを収集することができます。さらにデジタル出力については、VibroLink デジタルインタフェースにより、イーサネット経由で測定された速度信号をパソコンなどのデジタル機器ににデジタル転送できます。そのため、ポリテックでは、パソコンで使用できるVibSoftデータ収集用ソフトウェアも用意しています。VibroOne なら、タイムドメインおよび周波数ドメインのいずれにおいても、非常に低いノイズレベル(高いSN比)で、高精度な非接触計測を簡単に行うことができます。

同様のアプリケーション