表面粗さと形状偏差の複合測定

TopMap Pro.Surf はハイエンド・ソリューションであり、粗さ測定センサを搭載することによりオールインワンシステム TopMap Pro.Surf +としてアップグレードされました。TopMap Pro.Surf +は単一パスで形状偏差と粗さを迅速かつ正確に測定可能です。再現性が高いため、計測チャンバや生産ラインにおいても測定できます。 Pro.Surf +はすばやく簡単に精密製品の表面を測定できるが理想的なシステムです。

概要

迅速かつ正確な3D表面特性評価と粗さ測定

オールインワンシステムは、重要な表面情報を一切見落としません

非接触測定とトレーサブルな測定結果

反射特性の異なる面もフィルタを使用して測定可能

最大測定範囲230 x 220 mm、最大測定深度70 mm

テレセントリックレンズにより深い面の測定も可能

長い測定距離のため測定物を安全に取り扱えます

機械的な取り付けを必要としない自動部品認識機能

操作が簡単な測定 / 解析ソフトウェアは自動化測定も可能

形状公差と粗さのマルチセンサー測定

TopMap Pro.Surf +は優れた空間分解能と、テレセントリックレンズを有するため、あらゆるアプリケーションにおいて、平坦度、段差、平行度などのパラメータを正確に測定できます。

クロマティック共焦点センサと白色光干渉計を組み合わせることによって重要な表面情報の見落としがありません。。測定範囲は44×33 mmと広く、測定結果を合成することにより最大230×220 mmまで拡張することができます。最大測定深度70 mmと優れた空間分解能、さらにテレセントリックレンズを有するため穴のような接触式では測定困難な面の測定も可能です。

短いサイクル時間内での高速測定を実現します。自動パターン認識機能は品質検査工程のスピードをアップさせることができます。複数の測定物も、単一パスで同時に測定できます。

Combined measurement of form parameters plus surface roughness - TopMap Pro.Surf+

3次元表面形状に関するお問い合わせ