ロール材の切断長制御

速度/長さを測定することにより切断長を制御することができます。 搬送されてくるシート材を停止せずに切断を実行するには、シート材の搬送速度を正確に測定し、その速度値によって切断装置と同期制御します。

レーザ表面速度計(LSV)は、速度と長さを同時に測定することができるので、切断長制御アプリケーションに最適です。

ポリテックのLSVはほぼあらゆる表面上で測定を行うことができるので、たとえ汚れた表面であっても影響を受けません。非接触測定技術が、滑りや磨耗などのネガティブな影響を受けることなく正確な測定を実現しています。製品自体に傷を与えることもありません。

ポリテックのLSVは、他の方法と比較して、測定精度が高いため、切断長を正確に測定でき、その結果、規格外の製品が発生する可能性を大幅に削減でき、生産コストを削減することができます。

測定事例

  • 連続鋳造におけるトーチカッターの制御(アプリケーションへのリンク)
  • せん断制御
  • バー圧延機におけるばさみの制御
  • 圧延ミルにおける切断長制御
  • チューブ圧延機における鋸刃の制御


回転チューブの鋸刃の制御
チューブ圧延機に搭載された鋸刃は、チューブの搬送速度と同期して動作します。動作速度は最大10m / sで、正確に同期されなければなりません。ポリテックのLSVはすべりや磨耗がないため、回転チューブの鋸刃を正確に制御することができます。したがって鋸刃の切断品質は最小交差を実現することができます。

鉄鋼、金属、アルミの生産工程での非接触測定 (EN)

速度に関するお問い合わせ