大型構造物や遠方の構造物の状態監視や振動の遠隔検出

ポリテックの リモートセンシング レーザドップラ振動計 RSV-150 は、大型の構造物や遠く離れた場所にある構造物の振動を、レーザを使って遠隔から正確に測定するためのセンサです。RSV-150 は、自立した建物、稼働中の機械、重要な生産設備などの動特性や安定性を、迅速かつ簡単にモニタリングできる便利なセンサです。

レーザドップラ振動計の技術を採用しているため、センサの設置作業が不要で、危険で近づけない構造物も安全な距離から測定できます。そのシンプルな動作原理により、現場でも研究室でも、いつでもすぐに使える実用的な診断ツールとなっています。

特長

  • 測定距離最大300m から非接触で振動を検知
  • 腐食した表面や汚れた表面などでも測定可能
  • 危険区域も安全な遠隔から測定
  • DCの測定も可能。固有振動数を正確に測定し、ヘルスモニタリングやモデル検証に活用
  • 高い空間分解能を実現する小さなレーザスポット径
  • 数分で簡単にセットアップが可能 - 配線や反射剤塗布などの表面の前処理は不要
  • 正確なターゲティングのための特許取得済みの光学チャネル
  • 測定振動速度 最大24m/s。落下・衝撃試験に最適

遠隔からでも正確な位置を測定

三脚にセンサヘッドを取り付け、ギアヘッドと微調整機能を使って、可視光レーザを測定物に合わせて正確に照射し、測定を開始します。コンパクトなコントローラとセンサヘッドを接続するケーブルは長く、柔軟な設置が可能です。オプションのデータ収集用ソフトウェア VibSoft を使用すれば、現場やオンサイトなど、どこにいてもすぐにテストデータを評価できます。

リモートセンシング レーザドップラ振動計 RSV-150 は、高感度のリモート コンディション モニタリング用に設計されています。高感度な非測定技術により、離れた場所からでも、マイクロメートル単位の精度で振動速度と変位を測定できます。これにより、送電線塔、ビルや橋、工業施設、重機などの構造物を、遠くから安全かつ正確に監視することができます。従来のセンサでは、レーザの反射率が低いために時間がかかっていた測定や、危険な場所での測定も、遠隔から高精度に実行できます。

関連するアプリケーション

アクセサリーとコンポーネント

光学アクセサリ

A-VIS-SCOP1 Scope

ズーム機能を搭載したスコープ。たとえば斜張橋のステイケーブルでも、測定位置を容易に設定することができます。

RSV-A-xxx Close-up Lenses

5m以下の測定距離の場合に使用します。

A-MIR-xxxx Mirror Sets

ポリテックのミラーセットには、様々なサイズのミラーが含まれており、測定時のセットアップをサポートします。

三脚、テストスタンド、ポジショニングステージ

VIB-A-T07 Tripod with Geared Head

3方向のギア付き雲台と三脚

RSV-A-P05 Pan/Tilt Fine Adjustment

センサヘッド用の微調整アダプタを使用することで、長距離でも正確に照準を合わせることができます。

データ収集用ソフトウェア

VibSoft-20 Data Acquisition and Analysis Software

使いやすい振動解析ソフトウェアで、20kHzまでの2チャンネルのUSBデータ収集が可能です。使いやすい振動解析ソフトウェアで、20kHzまでの2チャンネルのUSBデータ収集が可能です。

データ収集用ソフトウェア VibSoft-20

A-CON-VIDEO USB Video Converter

センサヘッドカメラのビデオ信号を USB に変換し、データ収集用ソフトウェア で使用します。ビデオ入力のないコンピュータにのみ必要です。

その他

A-MON-TFT3 Monitor

12.7cm(5インチ)TFTモニタには、快適で簡単に照準を合わせることができる三脚マウントが付いています。

A-VIB-ACC1 Seismic Reference Sensor

周囲の振動を測定する補正センサ。

A-RET-xxxx Retro-Reflective Supplies

レーザ反射材各種


振動に関するお問い合わせ