精密工学

小型化が進む製品において、これまでの大型製品ではそれほど重要ではなかった新しい幾何学的特性が製品の機能に影響を与えることが分かってきました。高精度な動きや自動組立またはコンポーネントの寿命を向上させるためには、表面特性は非常に重要です。これは特に精密工学に当てはまります。長寿命の精密機械の部品を製造するためには正確な表面形状測定が必要です。

短い測定時間と、高い分解能、非接触測定を実現する光学測定技術はマイクロテクノロジー製品の品質保証において着実にその重要性を増しています。

Brochure Competence Field Surface Metrology