連続鋳造プロセスの効率化

鉄、銅合金またはアルミニウムの連続鋳造プロセスにおいて材料の損失を最小限に保つためには高精度な非接触測定システムが最適です。正確な切断を実行するためにも、速度/長さの測定は極めて重要であり、プロセスとコストの両方を最適化することができます
 

ProSpeed® LSVがもたらす効果

ポリテックのProSpeed® LSV-2100レーザ表面速度計は、特に過酷な条件においても高精度な測定を実現します。メンテナンスフリーで、測定データを容易にプロセス制御システムに統合することができます。

LSVは、レーザドップラ技術を使用して、移動物体からの反射されたレーザ光を測定します。標準的な非接触方式と比較して、LSVはゼロ速度と測定物の搬送方向を検出できることが特長です。

センサ自身の磨耗がない非接触光学センサ

再現性の高い非接触測定は、製品の品質を向上させ、生産性を向上します。たとえば誤測定によって発生するNG製品の発生率を減少できることは大きなメリットです。また、高温環境における測定が可能な点も大きなメリットとなります。冷却保護ハウジングを使用すれば、最大200°Cの周囲温度下でも測定できます。

つまり、堅牢で高精度なポリテックの非接触レーザ表面速度計を使用すると、連続鋳造工程の効率と信頼性を大幅に向上させることができます。

鉄鋼、金属、アルミの生産工程での非接触測定 (EN)