非接触エンコーダ ProSpeed®

正確な速度と長さの測定は、連続材、シート材、ピース品の生産を制御する上で重要です。 ProSpeed® - 次世代のレーザ表面速度計 LSV は、信頼性の高い測定データを提供して生産プロセスを最適化します。 Polytecのセンサは、金属、ケーブル、コンバーティング業界において生産性向上に貢献しています。 ProSpeed®は、非接触なので、すべりや熱膨張などによる誤計測や製品への傷など従来の接触式ホイール測定法に見られるような問題とは無縁です。

概要

  • 最大3mに拡張された測定距離で既存ラインへの導入が柔軟に
  • タッチディスプレイ、Webインタフェース、イーサネット、フィールドバスプロトコルなど他システムとの互換性が拡張
  • 最大3ユーザのマルチユーザアクセス(Ethernet + シリアル経由)
  • センサのメンテナンスが不要
  • 搬送のプラスマイナス双方向とゼロ速度(静止状態)を認識
  • セッティングを容易にする可視レーザ
  • 保護等級IP 66、67
  • 熱保護ハウジング、エアーワイプ、エアーアンプ、クーリングプレート、ビーム屈折ユニットなど、アプリケーションに最適化されたアクセサリ

生産プロセスで多くのメリット

次世代レーザ表面速度計 ProSpeed® LSV-2100 の互換性を強化することで、いつでもどこでも設定データやプロセスデータにアクセスできます。 柔軟性を高め、タッチディスプレイを通じて直接フィードバックを得ることができます。 Webインターフェイスを介して快適にパラメータを設定し、イーサネットおよびシリアルインターフェイスを介して最大4ユーザまたは4システムの同時データアクセスを可能にします。また測定距離が3mまで拡張され、過酷な条件下での測定により柔軟性を与えました。熱防護ハウジング TPH は、厳しい環境にさらに優れた保護機能を提供します。

ProSpeed® LSV-2100を生産工程に組み込むことで、歩留まり、品質、スループットが向上します。

レーザ表面速度計の概要

速度に関するお問い合わせ