バイオメカニクスは決してリアルではありませんでした

有限要素法(FEM)は、バイオメカニクスにおいて、重要な医学的問題を解決するために使用されています。たとえば骨の手術では、コンピュータ断層撮影データから本物に忠実な骨のモデルを生成し、動的特性を用いてモデルの検証が行われ、利用されています。3Dレーザ振動計を初めて使用して骨盤の骨のモーダルパラメータを決定し、前例のない精度と分解能で振動形状の測定を実現しました。

正確に検証されたモデルは、バイオメカニクスをよりよく理解するために役に立ちます。そして最終的に、治療法の改善やより安全なインプラントの使用、より良い生活の質につながります。

振動に関するお問い合わせ