測定事例:ショックアブソーバ

ディスクとピストンの表面の品質は、ショックアブソーバの開発において重要です。ピストンとディスクが正しいショックアブソーバの機能の重要な構成要素であるからです。それらは、内部の液体又はガスを噴出するためのバルブのように作用するので、衝撃が吸収されるよう制御されています。
動作部品の接触点における定義された公差を外れた偏差は、液体やガスの漏洩の原因となる可能性があります。狙ったとおりの吸収効果を得るためには、製造工程での正確な制御と監視が不可欠です。正確な制御と監視はインライン測定技術で簡単に実現できます。これらの短所を検出するために、接触式表面測定機器を使用すると、非常に時間がかかり、表面のみの一部分のみの形状しか得られません。

測定における面状表面の特性評価

ポリテックTMSを使用すると、測定時間を節約できるばかりでなく、特に高性能コンポーネントにとって重要なパラメータである平坦性、平行性と段差などの詳細な形状情報を面全体において得ることができます。

3次元表面形状に関するお問い合わせ