ロール材の位置検出

搬送中のオブジェクト上の特定位置の検出は、木材・建材業界で重要な役割を果たしています。

レーザ表面速度計(LSV)は、長さ(アプリケーションへのリンク)を測定できます。測定された長さは、オブジェクト上の特定の位置を検出するために使用できます。その一例が、非破壊材料試験における欠陥部の検出です。

従って、長さの測定は、プロセスに一定の間隔で特定の作業を実行させるためのトリガを与えることができます。例えばラベル印刷や、レタリングやロゴの取り付け、欠陥部のマーキングなどです。

ポリテックのLSVはほぼあらゆる表面上で測定を行うことができるので、たとえ汚れた表面であっても影響を受けません。非接触測定技術が、滑りや磨耗などのネガティブな影響を受けることなく正確な測定を実現しています。製品自体に傷を与えることもありません。

ポリテックのLSVは、他の方法と比較して、測定精度が高いため、切断長を正確に測定でき、その結果、規格外の製品が発生する可能性を大幅に削減でき、生産コストを削減することができます。

測定事例

ポリテックのLSVは、木材や建材業界におけるさまざまな位置検出において使用されています。

レーザ表面速度計の概要

速度に関するお問い合わせ