動物のコミュニケーションに関する科学的研究

地球上に生息するすべての生物種は、レーザドップラ振動計で計測できる対象となります。最も有名な計測事例の1つは、昆虫のコミュニケーションです。蝉のような特定の昆虫は、可聴周波数帯域で「歌う」ことによって会話をしていますが、人間には聴くことができない超音波を発する昆虫もいます。また小さな昆虫の中には、実際には植物を介して振動を発している昆虫もいます。

レーザ振動計は、これらの可聴音も不可聴音も検出することができます。 非接触測定技術は、動物を妨害することなく動物を「聴く」ことができ、それによって自然なコミュニケーション行動を調べることができます。 蜂蜜のハニカム振動を想像してみてください。 このような信号は、高度に洗練された測定技術によってのみ測定できます。 他の生物学的用途としては、ゾウの会話、果実熟成、クモの巣運動、およびコオロギ、カエルまたはショウジョウバエの聴覚メカニズムの研究が挙げられます。

ポリテックのレーザ振動計ラインナップには、バッテリ駆動のポータブル振動計があることも利点の一つです。

Entomological and biological studies with laser sensors

耳は、小さな音響振動を増幅し、電気信号に変換する複雑なマイクロメカニカルマシンです。 どのような構造とプロセスが耳の中の信号処理をしているのでしょうか。レーザドップラ振動計によるショウジョウバエの聴覚測定では、昆虫の聴覚の洗練されたメカニズムを深く知ることができます。

「レーザを使った作業が大好きです。なぜなら、昆虫の会話の感動的な世界を知ることができるし、操作も本当に簡単だからです」

Dr. Taina Conrad、ウルム大学進化生態保全遺伝学研究所

Sharpshooter insects’ vibrations decoded for viticulture

振動に関するお問い合わせ