生産ラインのモニタリング―正確かつ効果的な手法

長さと速度の非接触計測装置

カタログをダウンロードする

なぜポリテックの速度計は採用されるのか?

エンコーダなど従来の接触式ツールに比べ、ポリテックの非接触速度計は、接触式ツールの誤計測の要因にありがちな、すべりや摩耗、または測定物にキズや痕をつけないなど、多くの利点があります。鉄、光沢のあるアルミ、シート材、ワイヤ、ケーブルはもちろん、木材、ダンボール、建築資材、繊維などの非金属の搬送材料または製品の、長さ・速度を正確に計測できるため、切断長制御など、さまざまなアプリケーションにおいて利用でき、生産コストや生産効率を最適化できます。

ポリテックの速度計が生産品質を向上させる?

ポリテックのレーザ表面速度計は、搬送材料や製品の生産ラインに簡単に組み込むことができます。再現性の高い正確な計測データが支える生産ラインでは、歩留まりを向上させるばかりでなく、規格通りの高品質な製品の生産を実現します。

レーザ表面速度計の主なアプリケーション

ポリテックのレーザ表面速度計とは

ポリテックのレーザ表面速度計LSVは設置も計測も簡単です。計測データは高精度で信頼性が高く、簡単にプロセス制御システムに統合でき、プロセスや製品の品質を向上させることができます。鉄、光沢のあるアルミ、シート材、ワイヤ、ケーブルはもちろん、木材、ダンボール、建築資材、繊維などの非金属の搬送材料または製品の、長さ・速度を正確に計測できるため、切断長制御など、多くのアプリケーションにおいて利用できます。

ProSpeed LSV-2100 レーザ表面速度計

新製品のレーザ速度/長さ計ProSpeed LSV-2100は、他システムとの互換性が強化されました。さらに測定距離が最大3メートルまで可能なため、生産プロセスの制御をより遠隔から簡単に行うことができるようになりました。 

 

 

LSV-2000 レーザ表面速度計

正逆両方向の速度やゼロ速度および長さを非接触で計測するコントローラ・センサ一体型速度計です。

LSV-1000 レーザ表面速度計

単方向の速度および長さを非接触で計測するコントローラ・センサ一体型速度計です。

研究開発や生産ライン向けソリューションの詳細はこちら

カタログをダウンロードする