単一パスで高出力レーザダイオードを測定

高出力レーザダイオード(HPLDs)が正確に動作するために、エンクロージャの平坦度と段差レベルを検査することは重要です。このために、ポリテックの表面測定システムは最適です。微小な高低差を検出し、確実かつ迅速に測定結果を提供することができます。

TMS-350やTMS-500、TMS-1200などのTopMapシステムは、レーザアレイ内のダイオードを測定し、半導体上で直接、表面曲率と段差の両方を分析できます。測定範囲が広範なため、一回の測定で簡便かつ迅速に高分解能でレーザダイオードのエンクロージャを測定できます。

3次元表面形状に関するお問い合わせ