TMS-500-R TopMap Pro.Surf+

形状偏差と粗さの同時測定

形状偏差と粗さの同時測定

TopMap Pro.Surf(TMS-500)はハイエンド・ソリューションであり、粗さ測定センサを搭載することによりオールインワンシステム(TMS-500-R)TopMap Pro.Surf +としてアップグレードされました。TopMap Pro.Surf +は単一パスで形状偏差と粗さを迅速かつ正確に測定可能です。再現性が高いため、計測チャンバや生産ラインにおいても測定できます。 Pro.Surf +はすばやく簡単に精密製品の表面を測定できるが理想的なシステムです。

TopMap Pro.Surf +は優れた空間分解能と、テレセントリックレンズを有するため、あらゆるアプリケーションにおいて、平坦度、段差、平行度などのパラメータを正確に測定できます。

クロマティック共焦点センサと白色光干渉計を組み合わせることによって重要な表面情報の見落としがありません。。測定範囲は44×33 mmと広く、測定結果を合成することにより最大230×220 mmまで拡張することができます。最大測定深度70 mmと優れた空間分解能、さらにテレセントリックレンズを有するため穴のような接触式では測定困難な面の測定も可能です。

短いサイクル時間内での高速測定を実現します。自動パターン認識機能は品質検査工程のスピードをアップさせることができます。複数の測定物も、単一パスで同時に測定できます。

Optical Surface Metrology - See more details

関連商品

Die kompakte Messtation des TMS-100 TopMap Metro.Lab

TMS-150 TopMap Metro.Lab

Metro.Labは、非接触表面形状測定システムのエントリモデルです。広い範囲の面の表面形状を測定することができます。

Das Oberflächenmessgerät TMS-350 TopMap In.Line misst auch in der Fertigungslinie

TMS-350 TopMap In.Line

異なる反射条件の面の測定が可能です。コンパクト設計のため生産ラインに容易に組み込むことができます。チェックを行って意味します。段差、大きなリップルなどさまざまな表面構造であっても測定できます。

Der Oberflächenprofi TMS-500 TopMap Pro.Surf erfasst auch große Strukturen ohne Stitching

TMS-500 TopMap Pro.Surf

迅速かつ正確な3D表面の特性評価に最適です。広い測定範囲と短い測定時間が特長です。

TopSens

ポリテックのクロマティック共焦点センサは広範囲のアプリケーションにおいて、異なる材料の非接触測定が可能です。TopSensセンサは、特に工業プロセスで使用するために開発されたので、迅速かつ容易にラインにに統合することができます。