Operator Interface

品質管理における設計値測定

あらかじめ定義された「測定レシピ」を使用して品質保証をシンプルに

"QC Operator Interface"は、品質保証の現場のニーズに応えたソフトウェアモジュールです。測定「レシピ」を選択することにより、複雑なサンプルであっても、未経験のオペレータが容易に測定し分析することができます。

評価パラメータ(例えば、後処理工程、見える化するか否か、エクスポートオプションなど)だけでなく、データ取得設定(例えば、測定位置、照明設定、カメラパラメータ)も「レシピ」に保存されます。測定結果の評価と徹底した公差の確認、各パラメータについては、合格/不合格の評価が可能です。ソフトウェアには、QS-Stat、PDF、ASCII Exportなどの広範なエクスポート機能が付属しています。さらに、シリアルナンバーなどのサンプル固有のパラメータをエクスポートすることもできます。