進化をドライブする光計測技術

今日の自動車業界の設計開発部門において、軽量構造、電動化、小型化は、キーワードとなっています。FEシミュレーションに基づき作成されたプロトタイプを使って実験を繰り返すことにより、シミュレーションの精度を上げ、新製品が開発されています。よって開発プロセスでは、シミュレーションと現実世界とのギャップを埋める高精度な計測技術こそがもっとも求められています。 

ポリテックの非接触レーザドップラ振動計は、自動車業界において、テストベンチ、実験モーダル解析、音響解析、車載デバイスの開発など、さまざまな用途で使用されています。それはレーザドップラ振動計が、非接触であり、小型、軽量、高周波帯域で駆動する測定物であっても、シミュレーションが求める高精度なデータをスピーディに測定できるからです。また、開発プロセスのみではなく、トラブルシューティングに対しても信頼性の高いデータを提供し、問題箇所の特定と迅速な解決に貢献しています。