UHF-120超高周波振動計

最大2.4 GHzの超高周波振動測定

最大2.4 GHzの超高周波振動測定

UHF-120超高周波振動計は、測定帯域幅を大幅に拡張し、2.4 GHzまでの面外振動の高分解能フルフィールド解析を可能にします。 UHF-120の1μm未満の高い平面分解能は、特にSAW(弾性表面波)成分の表面波を可視化するために重要です。 別の応用事例としては、超高周波帯域で動作するBAW(バルク音響波)成分やイメージング超音波トランスデューサの挙動の確認などがあります。

高周波振動もリアルタイムで確実に測定

UHF-120による測定は広帯域であり、広い周波数範囲にわたる振動情報を含んでいるため、共振周波数は単一パスで迅速かつ確実に識別されます。フルフィールド測定は、ソフトウェアを使用して、高精度のxyテーブルを使用して測定物をスキャンすることによって実行され、 PSVソフトウェアが、測定結果を明確に可視化します。

関連商品

Polytec MSA-050 Micro System Analyzer

MSA-050マイクロシステムアナライザ

顕微鏡型振動計のエントリモデルです。小さな部品やマイクロシステムの振動を面全体で高精度に測定できます。

Polytec MSA-100-3D Micro System Analyzer

MSA-100-3D マイクロシステムアナライザ

3D振動を一度に測定できるため、面内振動成分と面外振動成分の両方について、サブピコメータの変位分解能を備えた高分解能3D振動解析が可能になります。