RoboVib®

スキャニング振動計システム

スキャニング振動計システム

RoboVib® スキャニング振動計システムは3Dスキャニング振動計と産業用ロボットを組み合わせた振動解析ソリューションで、複雑な部品から完全な車体までを測定するための自動測定ステーションです。実験モーダル解析では、解析時間が大幅に削減され、エラーの発生自体が減少します。 したがって、車体のテストは1〜2日程度で十分ですが、以前は測定を準備するためだけに数週間を要していました。

完全自動モーダルテストの実施

RoboVibは、接触式センサと比較してモーダルテストをはるかに簡単にします:

  • FEメッシュをインポートして節点を測定点として利用可能
  • レーザによる非接触測定のため質量負荷を考慮した補正が不要
  • レーザによるスキャニングのため複数のセンサの設置と配線が不必要
  • センサの設置不良や混線による誤測定がない
  • センサ自身の座標系(オイラー角)の考慮不要
  • センサの取り外しや校正値の入力は不要

RoboVib®は、他にも貴重なメリットをもたらします:

  • 音響FEモデルとの相関性の高い空間分解能
  • FEメッシュの節点を測定点として利用 – 時間のかかる補間と後処理が不要
  • 測定プログラムの再利用が可能(繰り返し測定の手間削減)
  • ME'scope、FEMtools™、VMap™などの一般的なモーダル解析プログラム用ファイルやユニバーサルファイルをエクスポートできるため、RoboVib®の結果を開発環境に直接組み込むことができます。
お問い合わせフォーム

Let's dance

同様のアプリケーション 音・振動

関連商品

PSV-500 Scanning Vibrometer

PSV-500スキャニング振動計

スキャニング振動計は、機能拡張が可能な柔軟なシステムであり、困難な測定タスクも迅速かつ直感的に測定し、実稼動振動形状および固有モードを可視化することができます。

PSV-500-3D Scanning Vibrometer von Polytec

PSV-500-3Dスキャニング振動計

3Dスキャニング振動計は、研究や製品開発において信頼性の高い正確な振動測定を実現します。測定された実稼動振動形状と固有モードは、NVHや音響または構造上の動的検証から超音波解析、FEM検証、非破壊検査まであらゆる面で役立ちます。