モジュール型振動計 OFV-5000

柔軟な振動測定 - モジュール型で複数の用途に対応

柔軟な振動測定 - モジュール型で複数の用途に対応

ポリテックのレーザ振動計は、小型で軽量な対象物も、高精度に、非接触で簡単に測定することができます。OFV-5000モジュール型振動計は、モジュール設計により、センサヘッドとコントローラを自由な組み合わせで選択できるため、お客様のニーズに応じて計測できる振動周波数、速度、変位をカスタマイズでき、特殊な、あるいは複数の用途に柔軟に対応します。

モジュール型振動計の中核をなすOFV-5000コントローラには、高性能な振動速度および振動変位デコーダを搭載でき、測定周波数帯域はDCから24 MHzまで、測定可能速度は最大±25 m/s と変位分解能0.1 pmをカバーする幅広いラインナップからアプリケーションに合わせて選択できます。超音波アプリケーションの場合、10MHzまたは24MHzの帯域幅と最大3m/sの振動速度と最大75nmの変位分解能を備えたOFV-2570(高周波振動計コントローラ)が最適です。 一方、サブピコメータ分解能を持つVDD PCベースのデジタル振動計は、MEMSおよびデータストレージアプリケーションに最適です。

多彩な振動測定

アプリケーションに応じて、さまざまなセンサヘッドを選択できます。OFV-505センサヘッドは、オート/リモートフォーカス機能を有するハイエンドのセンサヘッドです。 OFV-534コンパクトセンサヘッドは、オプションの内蔵カメラと顕微鏡レンズが測定箇所の位置特定に便利です。 OFV-551/552光ファイバセンサヘッドは、狭小空間(ファイバプローブ直径:10 mmまたは1.4 mm)でも測定でき、さらに2本のファイバプローブで相対的な動きを測定することもできます。

「位置を決めたらレーザを照射してすぐ測定」という言葉通り、ポリテックの振動計システムは測定手順が非常に簡単です。オプションのVibSoftデータ収集用ソフトウェアは、データ解析ツールとして効果的で便利です。

お問い合わせフォーム