速度差の高精度検出

速度差は、たとえば製品の伸びに関わるプロセスにおいては、必要なものであり、条件にしたがって調整されています。しかし、例えば駆動ローラのすべりや製品に発生するテンションなど、ほかのアプリケーションにおいては、生産効率を下げたり、製品に損傷を与える危険性があるため、望ましくありません。速度差は、各プロセスにおいて異なるポイントで測定した測定値を相互に比較することによって計算されます。

複数のレーザ表面速度計(LSV)を使用し、複数個所を正確に測定することによってプロセスの最適化を実行できます。

ポリテックのLSVはほぼあらゆる表面上で測定を行うことができるので、たとえ汚れた表面であっても影響を受けません。非接触測定技術が、滑りや磨耗などのネガティブな影響を受けることなく正確な測定を実現しています。製品自体に傷を与えることもありません。

速度を高精度に測定できるため、速度差を検出することができます。その結果、要求を満たす品質の製品が得られ、原材料の無駄を削減することができ、生産性を向上させることができます。

測定事例

ポリテックのLSVは、加工産業、繊維産業における速度差測定において広く使用されています。

  • 縦方向切断プロセスにおける個々のシートの同期
  • 巻き取りロールとシートの同期と巻き戻しのプロセス
  • テンションモニタリング

レーザ表面速度計の概要