レーザ表面速度計 LSV-1000

ストリップ製品の先駆的ソリューション

すぐに導入可能なコンパクトで信頼性の高いセンサ

たとえば圧延ミルの連続材料(ストリップ製品など)や製紙工場のロール材を製造する場合、正確なストリップ長や搬送速度を知ることができれば、コストやプロセスを最適化できます。非接触レーザ表面速度計LSV-1000は、非常に厳しい環境に対応可能な堅牢性と高い信頼性を持っており、最小限のメンテナンスコストを実現しています。

正確に制御された速度と切断長によって信頼性の高いプロセスを実現できます。コンパクトなオールインワン設計で、速度と長さを同時に測定できます。

LSV-1000はコンパクトな速度計でストリップ製品の長さと速度を非接触で測定することができます。切断長制御においては迅速かつ確実に長さを検査することができます。LSV-1000は、プロセスを最適化し、メンテナンスコストを削減できる理想的なセンサです。鉄、光沢のあるアルミ、油性シート材、ワイヤ、ケーブルはもちろん、木材、ダンボール、建材、繊維などの非金属材料の測定も行うことができます。

お問い合わせフォーム

レーザ表面速度計の概要

Dear visitor, in order to be able to watch our videos please accept the cookies. All information about the usage of cookies can be found in our privacy policy

Change cookie settings