航空宇宙分野の研究開発を加速させるレーザドップラ振動計によるさまざまな計測

テストエンジニアには高品質の計測ツールが、シミュレーションエンジニアには正確な実験データが必要です。低燃費かつ高安全性を目指したCFRPなどの新素材、新駆動系の開発プロセスにおいて、CAEでは高精度の実験データが必要です。ポリテックのレーザドップラ振動計はこの難度の高い要求を満たす高精度な計測ツールです。たとえば、タービンの耐久性試験、新しいNDT(Nondestructive Testing:非破壊試験)メソッドの開発、長く培われてきたモーダル解析手法、それらをすべて非接触で行うことができます。非接触で行うことによって、今まで難しかった真空中、長距離、厳しい温度条件下での計測も実現することができます。 伝達関数、振動モード形状、ひずみ分布なども、時間のかかる計測プロセスを必要とせずに、得ることができます。

Article satellite FEM optimization