PSV-500-3Dスキャニング振動計

実験モード試験のための3Dでのフルフィールド光学振動測定

実験モード試験のための3Dでのフルフィールド光学振動測定

ポリテックの3Dスキャニング振動計(PSV-3D)は、研究や製品開発において信頼性の高い正確な振動測定を実現します。測定された実稼動振動形状と固有モードは、NVHや音響または構造上の動的検証から超音波解析、FEM検証、非破壊検査まであらゆる面で役立ちます。

PSV-3Dは、センサ間のクロストーク、非破壊材料試験における表面波の伝播、または複合材料のための統合センサネットワークの開発に必要な正確なフルフィールド測定を行います。 時間軸と周波数軸の両方のデータを使用して、わかりやすい画像とアニメーションを提供します。

操作上の偏向形状に基づいたモデリング

PSV-3Dを使用すると、周波数帯域DCから25MHzにおける0.01μm/sから30m / sの振動の面内データと面外データが同時に測定されるため、有効な振動形状解析を実行し、有限要素シミュレーションモデルを検証することができます。

測定案件が増加する場合は、3Dスキャニング振動計を完全自動測定ステーションRoboVib®などへ機能拡張することができます。

お問い合わせフォーム

Bridging Design and Real World

同様のアプリケーション

関連商品

MPV-800 Multipoint Vibrometer

MPV-800 マルチポイント振動計

マルチポイント振動計は、過渡的なプロセスや接触式測定方法では不可能な測定タスクも、最大48ポイントを同時に非接触で測定できるため、振動解析の可能性を広げます。MPV-800は、固有モードだけでなく、実稼動振動形状を測定できる、革新的なレーザ測定システムです。

PSV-500 Scanning Vibrometer

PSV-500スキャニング振動計

スキャニング振動計は、機能拡張が可能な柔軟なシステムであり、困難な測定タスクも迅速かつ直感的に測定し、実稼動振動形状および固有モードを可視化することができます。

RoboVib© Test Center bestehend aus Roboter und PSV Scanning Vibrometer

RoboVib®

RoboVib®は、3Dスキャニング振動計と産業用ロボットを組み合わせた、複雑な部品から完全な車体までを測定するための自動測定ステーションです。測定時間と、エラー、特に実験モーダル解析で発生するエラーを大幅に削減します。たとえば車体の測定では、以前は測定準備だけに数週間が必要でしたが、RoboVib®はわずか1〜2日で測定を完了することができます。