安全にデータを保存する

レーザドップラ振動計は、ハードディスクドライブシステム全体とそのサブコンポーネントの動的特性を測定するために使用されており、コンピューターのハードディスクドライブの開発に不可欠なツールです。アクチュエータおよびサスペンションを含む読み取り/書き込みヘッドの繊細なメカトロニックまたはマイクロエレクトロメカニカルシステムの振動特性は、レーザなどの非接触光学測定方法によってのみ実験し特定することがきます。このような実験では、動的パラメータおよび使用条件を決定し最適化するために必要なモーダル実験および共振テストを行うための高い解像度と広いダイナミクスが要求されます。レーザ振動計はドライブシステム内のノイズの原因を特定し、発生したノイズを閾値未満に低減することがきます。振動計は、生産現場において品質を管理するためにも非常に効率的なセンサです。