RSV-150 長距離レーザドップラ振動計

Remote Sensing Vibrometer

これまで、高所や立入危険箇所にある機械部品、建築物などの振動や振幅の測定は、非常に困難で手間が掛かるものでした。
しかし RSV-150 長距離レーザドップラ振動計が、こうした計測をすばやく手軽に行える画期的な手段としてついに登場しました。RSV-150 は、測定ポイントを遠くから直接狙いを定めるだけで測定を実行でき、構造物の状態監視や動特性検査を手軽に行える設計となっています。RSV-150 には先進のレーザドップラ干渉計技術が搭載され、従来の接触型センサで必要だったセンサの取付などの危険で煩雑な作業を省略でき、振動にまつわるあらゆるトラブルの問題解決とその迅速化を支援します。

  • 広範囲: 最長 100 m (測定表面の反射状態による) の測定距離を実現し、爆発の危険や高圧電流など立入作業が危険な箇所でも測定が可能
  • μm 分解能: 微小な変位も検出可能
  • ミリ Hz 分解能で 0 Hz も検出:  土木構造物の低周波数応答および変位を測定
  • 25 kHz の広周波数帯域: ギアボックスなどの状態監視も可能
  • クラス 2 レーザ: レーザの安全な取り扱いに関する制約なしで仕様可能
  • 同軸ビデオカメラ: 目視によるフル制御と簡単な照準調整を実現
  • セットアップと操作が容易: センサの配線や測定点の表面処理が不要
  • ほぼあらゆる表面に対応: 鉱山などの環境における土やほこりで覆われた表面でも拭き取りせずに測定可能
  • 測定点の温度に非依存: 溶鉱炉やパイプなどの高温表面でも離れた場所から測定可能

組み合わせできる製品

お問い合わせはこちら

ポリテックジャパン
営業部 お問い合わせ窓口

Tel. 045-478-6980
info.jp@polytec.com