PSV-A-440 光学ディロテータ

PSV-A-440 Optical Derotator

回転するオブジェクトの振動を非接触で計測

PSV-A-440 光学ディロテータでは、回転中の物体の振動を、レーザを利用して非接触に、今までよりも容易に計測できます。このディロテータでは、最大24,000 RPM までの回転振動の次数解析や ODS (実稼動振動形状)測定を実行できます。複雑な遠隔測定システムは不要であり、センサの負荷による干渉も受けません。先進の制御電子回路が回転オブジェクトの挙動を追跡するため、レーザビームは一定の位置から動きません。実際の測定は、驚くほど簡単に実行できます。ディロテータとオブジェクトは、速度の同期化により静止しているようにも見えます。 稼働中の家電や自動車のファン、タービンやタイヤなど、回転するオブジェクトの実稼働振動計測がついに実現しました。

ODS (実稼動振動形状) を非接触で便利にマッピングできる機能は、ポリテックのスキャニング振動計の大きな特長です。そしてこの光学ディロテータの誕生により、実際に動いている家電や自動車のファン、タービンやタイヤなどの回転する物体に対する解析も可能になりました(最大 24,000 RPM)。

高回転域における実際のODSや共振周波数が測定可能になり、FEモデルの検証プロセスにも組み込むことができるようになりました。このディロテータでは、次数解析および振動測定をシンプルに実行できます。また、遠隔測定システムは不要です。先進の制御電子回路が回転オブジェクトの挙動を追跡するため、レーザビームは一定の位置から動きません。実際の測定は、驚くほど簡単に実行できます。ディロテータとオブジェクトは、速度の同期化により静止しているようにも見えます。

PSV-A-440 光学ディロテータは、PSV-400 スキャニング振動計のアクセサリとして、または回転ユニット(エンコーダ入力搭載)、制御ユニット、角度/高さ調整用のアジャスタブル ベースフレーム、PSV-500 スキャニング振動計、およびシングルポイント リファレンスとしてのレーザ振動計から構成される包括的なソリューションとしてお求めいただけます。PSV-500 の DMS (データマネジメント システム) にインストールされているソフトウェア モジュールでは、動的なランアップ試験および静的試験用に、ディロテータの制御を簡単に設定できます。

製品カタログ

ビデオ: 光学ディロテータの概要

Vorschau Derotator

お問い合わせはこちら

ポリテックジャパン
営業部 お問い合わせ窓口

Tel. 045-478-6980
info.jp@polytec.com