PSV-500 スキャニング振動計

PSV-500 Scanning Vibrometer

面全体の振動を可視化&解析

ポリテックのスキャニング振動計 PSV-500 は、NVH、アコースティック、構造ダイナミクス、超音波などの研究開発で発生する、騒音や振動の問題の解決をサポートする、対費用効果と対時間効果に優れた振動測定システムです。振動する物体の ODS(実稼働振動形状)や固有振動モードを、ここまで簡単かつ正確に測定できるツールは、この PSV-500 が世界初となります。
スキャニング振動計の第5世代となる PSV-500 は、その独自の測定機能により、動的解析に携わる世界中の研究者や技術者の皆様にとって、もはや欠くことのできないツールとしての地位を確立しています。

 

  • 非接触 – センサの負荷がなく、構造体に発生する本来の振動を測定
  • 振動する表面全体を測定 – 高い空間分解能で、微小な振動動特性も見逃さない(mm2 ~ m2 オーダ、スキャンアングル: 50°x 40°)
  • 高汎用性 – NVH、アコースティック、構造ダイナミクス、超音波など、様々な測定用途に特化した構成から選択でき、豊富なアクセサリやソフトウェア オプションも利用可能
  • オープンシステム – オープン データインタフェースを採用した付属の PSV Software では、処理の自動化や特殊用途に特化したインタフェース制御に対応
  • 拡張性 – すべての PSV-500 シリーズは、必要に応じて 3D 測定システムにアップグレード可能

お問い合わせはこちら

ポリテックジャパン
営業部 お問い合わせ窓口

Tel. 045-478-6980
info.jp@polytec.com