OFV-551 / 552 光ファイバ干渉計

OFV-55x Fiber Optic Interferometer

 
光ファイバ型振動計システムでは、柔らかい光ファイバケーブルで、レーザ光を測定ポイントまでガイドします。ケーブルの先端には小型レンズが搭載されています。形状的に測定ポイントまで光が届きにくい近接測定が必要な部品や、2 点間の差分振動を計測したいケースで活躍します。

洗練された設計で高度な計測に対応

OFV-551 / 552 のセンサヘッドは、曲げやすい光ファイバケーブルの先端に小型レンズを搭載しており、この光ファイバを伝送路としてレーザ光を測定ポイントまで届けます。ケーブル先端から照射され反射したレーザ光は、再び先端のレンズで受光され、干渉計への入力信号となります。光ファイバケーブルの直径は約 10 mm、スポット径は最小で約 3 µm です。測定ポイントに直接レーザ光を照射できない形状のターゲットや、スペースが狭く通常のセンサを設置できない場合も、細くて曲げやすい光ファイバケーブルを介して自在にレーザ光を届けることができます。また、このファイバを 2 本組み合わせた OFV-552 センサヘッドでは、2 つの測定ポイントにおける振動の差分をダイレクトに計測できます。

ポリテックの光ファイバ型振動計は特に電子機器分野で幅広く活躍しており、回路基板、微細なワイヤボンディング、携帯電話、ハードディスク ドライブ部品などの振動計測に多く用いられています。また、マイクロデバイスなどの微小構造体、医療、動物学、自動車の生産ラインなどでの計測にも応用されています。